バーベキューの食材!変わり種オススメ・簡単で美味しいベスト7!

Pocket

唐突ですが

普段、お肉以外の変わり種メニューは何をチョイスされていますか?

ここでは

バーベキューで楽しめる

変わり種メニューおすすめベスト7

をご紹介していきます。

ノリ
さあ、バーベキューの季節到来です!

寒い冬も終わり、やっとお出かけしやすい気候になってきた春!

春といえば、サクラですが、サクラといえばお花見

あちこちでバーベキューをしている人たちを見かけます。

お花見が終われば、ゴールデンウィーク、そして夏休み、穏やかな収穫の秋と

晩秋までバーベキューを楽しめますね♪

ノリ
ホントに好きな人は真冬でもやりますけど・・・(笑)

バーベキューといえばやっぱりお肉!ですよね。

ですが、お肉以外にも美味しい料理を楽しんじゃいましょう。

スポンサーリンク

バーベキューの食材変わり種!簡単おすすめベスト7

 .じゃがバター

■材料

  • 新ジャガイモ4個〜10個
  • バター20g〜50g
  • 塩少々

■レシピ

  1. ジャガイモは洗い、濡れた状態でレンジでチン。
  2. 竹串が通る程度まで柔らかくしておく。
  3. 上面に十字架に切り込みを入れてアルミホイルにのせます。
  4. 全体に塩を振って切り込みにバターをのせてつつみこみます。
  5. 網焼きして、ジャガイモが温かくなれば完成です!

■ワンポイント

醤油を垂らすと美味しさ倍増です♪

◎ よろしかったらどうぞこちらも。

>>> バーベキューの野菜の切り方は、野菜の性質に合わせてカット&準備!

.焼きおにぎり

子どもから大人まで大好きな焼きおにぎり♪

お肉が焼けるまでに小腹が空いたと、子どもがグズった時にもそのまま食べられて美味しい♪

■材料

  • 白米2合(だいたい6〜8個)
  • めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2

■レシピ

  1. お米をしっかり洗い、めんつゆ大さじ2を入れて、水を2号分の目盛りまで入れて炊きます。
  2. おにぎりは、型くずれしないように強く固めに握っておきましょう。
  3. そのままラップで包んで焼く時に外しましょう。
  4. たれには、醤油とみりんを足したものをハケで塗りましょう。

■ワンポイント

バーベキューで余った焼肉のたれを塗っても美味しいです♪

.鮭のちゃんちゃん焼き

■材料

  • 生鮭1切れ(切り身の場合は2切れ)
  • 下味(塩、こしょう各少々)
  • キャベツ…4枚
  • 玉ねぎ…1個
  • もやし…1/2袋
  • バター…大さじ2
  • 酒、砂糖、みそ

■レシピ

  1. 鮭は塩、こしょうをふりかけ、キャベツはざく切り、玉ねぎは5mm程度の輪切りにします。
  2. みそ大さじ2、酒と砂糖各大さじ1を合わせてみそだれを作ります。
  3. アルミホイルの上に、玉ねぎ、キャベツ、もやしを敷き、鮭をのせます。
  4. その上から、みそだれをかけて、包みこみます。
  5. 網で焼く前にアルミホイルを少しあけて、バターをのせます。

4.ホタテのバター醤油焼き

■材料

  • ホタテ(殻付き) 4〜8個
  • バター    20g〜40g
  • 醤油     小さじ2〜小さじ4

■レシピ

  1. ホタテは殻から外して、肝の部分を取り除いておきます。
  2. 食べやすい大きさに切って、貝殻に戻します。
  3. 網の上で焼き、火が通ってきたらバターと醤油を垂らします。
  4. グツグツしてきたら完成です♪

5.きのこのホイル焼き

■材料

  • しめじ50g
  • しいたけ2個(40g)
  • エリンギ1本(40g)
  • バター20g
  • 黒こしょう少々添え

■レシピ

  1. アルミホイルの上に食べやすい大きさに切ったきのこをのせます。
  2. その上にバターをのせ、黒こしょうをふって、包みこみます。

6.焼きとうもろこし

子どもも大好きとうもろこし♪

■材料

  • とうもろこし 2個
  • クレイジーソルト 少量
  • バター 大さじ1
  • 醤油 小さじ1

■レシピ

  1. とうもろこしをラップで包んで、電子レンジで1本につき3分加熱します。
  2. 少し冷めるまで待って、4等分に切ります。
  3. 粗熱がとれたらクレイジーソルトを少量振ります。
  4. ここまでお家で準備して、保存袋などに入れて持っていきます。
  5. あとは鉄板にバターと醤油を敷いて、焼いたら出来上がりです♪

7.焼きマシュマロ

デザートに最適♪お肉に飽きたら甘いものをチャージ♪

■材料

  • マシュマロ 2袋?(お好きなだけ?)
  • 竹串 数本

■レシピ

  1. マシュマロを串にさして、炭であぶります。
  2. 表面にこんがり焼き色がついたら出来上がり♪

ざっと、私達が楽しんでいるサイドレシピをご紹介しました。

まだ、沢山ありますが、お手軽で美味しいものにフォーカスを当てました。

あなたの想像力を働かせてアレンジされてもOKですね。

最後に注意点として、

  • これらの食材は事前に準備しておくことをおすすめします。
  • バーベキュー場に着いてから食べるまでに時間に余裕がある場合は問題ないですが、
  • バーベキューの準備には意外と時間がかかるもの。バーベキューを存分に楽しむためには、
  • ご自宅での下ごしらえが重要なポイントになリますので覚えておいてくださいね。

◎ こんな記事も参考にしてみて下さい。

>>> バーベキュー(BBQ)レシピはホイル使用で簡単調理!手間いらず!

次は、オマケ情報としてバーベキューなど屋外で役立つ情報を

ご紹介致します。どうぞ、参考になさって下さい。

スポンサーリンク

バーベキューお役立ち情報

 バーベキューに必要な持ち物は?

コンロやグリル以外の、あったらいいな!というグッズをご紹介します。

日よけのパラソルや簡易テント

折りたたみいす

レジャーシート

救急箱(虫さされ薬、消毒液、絆創膏)

バスタオル

シートの段差を埋めたり、防寒や、急な雨など用途はたくさんあり、2枚くらい持っていれば安心です。

大きめのポリ袋

このポリ袋が役に立ちます。ごみを入れるだけでなく、首と、手の部分を切れば、カッパの代用に、防寒にと、活躍します。

おやつ

遊び道具

特に子供連れでバーベキューをする場合は、

火をおこしている間やお肉を食べ終わったあとなどに退屈することがあります。

そういったときに遊び道具やおやつなどを持って行くと良いですね。また、

虫さされも多くなってきますので、虫さされグッズや、怪我に備えた救急セットを用意するといざという時困りません。

日差しも強く熱中症を引き起こすおそれがありますので

日よけグッズも必ず持っていくようにしましょう。

そして水分はこまめにとるように気を付けましょう。

最後に

いかがだったでしょうか?参考になりそうなレシピは見つかりましたか。

いろんなレシピを見ているとお腹がすいてしまいました(笑)

バーベキューをする機会がどんどん増える季節になってきましたね。

お役立ち情報も参考にしながら、行楽シーズンを思いっきり楽しみましょう。

◎ 楽しい時間のために一工夫

キャンプでの遊び!この道具で子供は大はしゃぎ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする