雛人形を飾る時期、片付ける時期!2020年(令和2年)飾る日片付ける日

Pocket

桃の節句、3月3日に飾る雛人形

飾る時期は、いつ(何月何日)から飾るのが良いのでしょうか。

私の家にも小さいながら雛人形がありますので、毎年疑問に思いつつママ友たちの様子を見ながら2月の中旬くらいに飾っていました。

また、片付ける時期、片付ける日も諸説あるようですので、今回、疑問を明らかにしたくなり2019年はいつが良いのかちょっと調べてみました。

雛人形を飾る日はいつが良いの?

一般的には、暦の上で二十四節気のはじまりである、「立春(りっしゅん)」が目安と言われているようですね。

立春とは暦において「春が始まる日」とされる日です。

※二十四節気
二十四節気とは太陰暦を使用していた時代に、季節を表すための工夫として考え出されたもの。1年間を24に等分し、約15日ごとで分けられ、それぞれに季節を表す名前をつけたものです。

スポンサーリンク

2020年(令和2年)の立春は、2月4日(火)

立春に飾らなければならないということではなく、立春を過ぎたら雛人形を飾っても良いですよ、ということです。一般的には立春から2月中旬にかけて飾られています。

春は節分の翌日ですから、節分で豆まきをして厄を払った後に飾る、という流れで覚えると覚えやすいですね。

また、縁起が良いことから、「大安」を選んで飾ると良いでしょう。

大安は六曜の一つで、何事においても吉、一日中吉とされている日です。

ちなみに、2020年の立春(2月4日)は大安です。

※六曜とは暦の中でも有名な暦注の一つで、その日の吉凶を定める基準となる6つの日のことです。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜があります。

☆ 2019年の大安の日( 2月4日 ~ 3月1日まで )

  • 2月   4日(火)
  • 2月 10日(月)
  • 2月 16日(日)
  • 2月 22日(土)
  • 2月 27日(木)

他の六曜でも吉の時間帯がありますので、吉の時間帯に飾るのも良いでしょう。

他の六曜で吉の時間帯

  • 大安:一日中が吉(六曜の中で最も吉の日)
  • 友引:朝夕は吉、昼は凶
  • 先勝:午前中は吉、午後2時~6時が凶
  • 先負:午前中は凶、午後は吉
  • 赤口:牛の刻(午前11時~午後1時)のみ吉。その他は凶。
  • 仏滅:1日中が凶(何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい)

また、もっと縁起を担ぎたい人は、二十四節気の2番目に来る「雨水(うすい):2月19日頃」に飾るのが良いでしょう。

雨水(うすい)とは、雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味です。

昔は雨水をさかいに農作業の準備をはじめていたのだとか。春の訪れを表し、季節の変わり目でもあります。

季節の変わり目は、縁起が良いとされており、雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるという話があるので、この日に飾る人も多いのです。

では、なぜ雨水の日が良縁に恵まれるのでしょうか。

理由は諸説あるようですが、有名なものに日本神話があります。

雨水から雪が雨に変わり、春にむかっていくので、農作業の準備などがはじまります。

この時期から、草木も芽吹き、雪解け水が川に流れはじめます。

実は水は命の源とされ母であると考えられていました。そのため、水の神様は子宝の神様や安産の神様として崇められているところもあります。

このようなことから、「雛人形を雨水に飾ると良縁に恵まれる」と言われるようになったのです。

他には「新緑が芽吹くように良縁が芽吹く」という説もあります。

雛人形を飾る意味や由来については、この記事にまとめてありますよ。

雛人形を飾る意味とその由来!雛祭りに関する疑問を一挙大解決!

2020年(令和2年)の雨水の日は、2月19日(水)

2018年2月19日は仏滅です。仏滅は六曜では良い日ではありませんので、縁起が悪いという方もみえるでしょう。

ただし、仏滅には別の解釈もあります。「物滅」として「これまでの物事が滅びて、新しく始まる日」という解釈です。

雛人形は「女の子の不幸や禍を引き受けてくれる」と言われているので、この解釈からすれば仏滅に飾るのも悪くないのではないでしょうか。

仏滅を気にされる方は、大安吉日の日に飾ることをお勧めいたします。

雛人形を長く楽しみたい人は、立春2月4日の11時~13時や大安の2月10日に、雨水の日が良い人は2月19日に飾ると良いでしょう。天気の良い日に出すのが良いですね。

また、前日に出して飾る「一夜飾り」はとても縁起が悪いとされているので、遅くともひな祭りの一週間前までには飾り付けを済ませておきましょう。雛人形の飾る場所は、なるべくいつも気軽に見られる場所で、直射日光があたらない場所をお勧めします。

飾ってしまったら、次に楽しみなのが、ひな祭りの食べ物です。

ひな祭りの食べ物

ひな祭りのお祝いに食べられる定番は?

ひな祭りで食べられるものといえば

  • ちらし寿司
  • 手まり寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • ひなあられ
  • ひし餅
  • 桜餅
  • 白酒

などが代表的ですね。

他にも縁起物やちょっと豪華なものもありますね。

ひな祭りの食べ物、そしてその由来についてもこちらにまとめてありますので、お時間が許せばご覧になってみて下さい。

ひな祭りの食べ物の由来!定番からちょっと贅沢な縁起物まで大紹介

雛人形を片付けるのに良い日はいつ?

雛人形を片付けるのは「啓蟄の日(けいちつのひ)」がベストと言われています。

啓蟄の日は、二十四節気の中の一つで、雨水(うすい)の日の次にあたり、3月5日ごろのことを指します。

ひな祭りから約2週間を目安に、新暦の3月の中旬ごろまでに片付けるのが良いでしょう。

また、3月3日が終わったら片付ける地方が多いですが、旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もあります。旧暦であれば、4月中旬くらいまでが片付けの目安です。

スポンサーリンク

2019年(令和2年)の啓蟄の日は、3月5日(木)

啓蟄(けいちつ)は「春の温かさを感じて、冬ごもりから目覚めた生き物が穴をあけて顔を出すころ」という意味を持っています。

「啓」には「開く・開放する・夜が明ける」などの意味があり、「蟄」には「冬籠りのために虫が土の下に隠れる・閉じこもる」という意味があります。

また、「雛人形は早くしまわないとお嫁にいけない」と一度は耳にしたことがありませんか?

これは迷信で、「片付けがちゃんとできないようでは、きちんとした女性になれず、お嫁さんにもなれませんよ」という躾の意味を込めての言い伝えなのです。

そのため、焦って片付ける必要はないのです。どうしてもこの日に片付けられないという時は、雛人形を後ろ向きにしましょう。

こうすると「眠っていらっしゃる」「お帰りになる」という意味になるのです。

我が家でも雛人形を後ろ向きにして、時間に余裕のある日に片付けていました。しかし、後ろ向きにしたから良いといって、いつまでも出したままではいけません。

女の子の災厄を引き受ける雛人形を早く片付けるのには、災いから遠ざけるという意味もあるので、早めに片付けてあげるのが良いと思います。

そして、一番大切なのが、「よく晴れた湿気のない日」に片付けることです。なぜかというと、雛人形に使用している生地にとっては湿気が大敵なのです。

ジメジメした日に片付けてしまうと、人形に湿気が残ったままになってしまい、来年出してみるとカビやシミができてしまう、なんてこともあるようです。

雛人形にとって負担の少ない晴れた日に片付けをしましょう。

ここまでは、雛人形を飾ることについてお伝えしてきましたが、飾ることが難しいご家庭もありますよね。

次は「雛人形を飾らない」選択肢について少しお伝えしたいと思います。

雛人形はいらない

なかには「雛人形はいらない!」という方もいらっしゃいます。

子供の健やかな成長を願わない親はいません。

しかし、諸事情によりそれが叶わないことも現実としてあります。

理由としては

  • 住環境
  • 購入後の管理に困る
  • 経済的負担
  • 人形の顔が恐い
  • 両家の親の願い

などなど様々です。

そんな方に参考にしていただきたいページもありますので、よろしければ見てみて下さい。いろんなケースをご紹介してありますので、何らかの解決法が見つかるかもしれません。

雛人形はいらない!でも…やっぱり買うべき?じいちゃんばあちゃんが

雛人形の片付け方

片付け方も段ボールにそのまま雛人形を入れれば良いわけではありません。まず毛羽たき等で雛人形のほこりを払い、汚れをおとします。

お顔の保護のために、お顔に柔らかい紙などを巻き付け、他と当たらないように収納しましょう。我が家では雛人形を買ったときについてきた薄紙をそのままとっておき、お顔にまいて保管しています。

また、雛人形をしまうときに使うパッキンには「新聞紙」を使っても良いです。雛人形には湿気が大敵ですが、新聞紙は湿気を吸ってくれるのです。新聞紙を入れるときは、なるべく雛人形にあたらないようにしましょう。湿気を吸うため、新聞紙は毎年交換してください。

そして、防虫剤も入れましょう。ただし、防虫剤の入れすぎはいけません。目安はミカン箱くらいの容積で5円玉くらいの大きさです。雛人形に直接あたらない部分に入れるのが良いです。

保管場所は、寒暖差の激しいところを避け、なるべく湿気のないところを選びましょう。

早生まれの赤ちゃんのひな祭りのお祝いはどうするの?

2月や3月生まれの赤ちゃんは、生まれたすぐ後でもひな祭りのお祝いをしなければならないのでしょうか?

生まれたての赤ちゃんは、生後1ヶ月たってからお宮参りにいきます。そのお宮参りが済んだ赤ちゃんは、その後のお祝いをやることになるようです。

お宮参りを済ませていないうちに3月3日になるようであれば、その年のひな祭りはやらない、ということになります。

地方やその家の風習によっても異なりますが、大体はこのお宮参りが一つの区切りとなっているようです。

お宮参りは赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈る行事ですが、「神様に氏子として認めていただく」という意味合いがあります。

昔は生まれてもすぐに亡くなる赤ちゃんが多く、医療も発達していなかったため、このようにお宮参りを一つの区切りとしていたのでしょう。

お母さんと赤ちゃんのことを配慮して、楽しいひな祭りを迎えましょう。

まとめ

女の子の大切なお祝い「ひな祭り」

きれいで華やかな雛人形は、できるだけ長く飾っておきたいものですが、早く飾って早くしまうのが良いとされています。

家族でスケジュールを合わせ、協力しながら飾り付けと片付けが出来ると良いですね。また、お子さんと一緒に片付けをすると、翌年雛人形に会うのが楽しみになることでしょう。

女の子の不幸や禍を引き受けてくれる雛人形。子を守ってくれる雛人形に感謝の気持ちを込めて、丁寧に飾って、丁寧に片付けてあげたいですね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

破魔矢を男の子に買ってあげますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする