スコーンを美味しくする食べ方とマナー!こんなに食べやすいなんて!

Pocket

始めて食べた友達お手製のスコーン!

サクサク食感がたまらなくって美味しかったなぁ。

それからというもの、食べ方のマナーもバッチリマスターして、美味しそうなカフェを見つけては、食べに行くのが今の楽しみです。

ローラ
もちろん自分で作ることもあるんですよ。

先日も、幼馴染が遊びに来たので、スコーンでおもてなしをしてみました。するとまさかの「スコーンはパサパサしていて食べにくいから苦手…」と言われてしまい・・・。

ところが、マナーや魅力を伝授したところ、あまり乗り気じゃなかった彼女の顔がみるみる笑顔に!そんなきっかけがあり、スコーンが苦手な方にも食べてもられたらいいなと、この記事を書くことにしました。

スポンサーリンク

スコーンを上手にたしなめば、おしゃれ女子力もググっとアップ!それでは、さっそくマナーからご紹介していきますね。

スコーンを美味しく食べる方法

ハンバーガーのようにかじるのか?

はたまたちぎってたべるのか?

正解は、

スコーンを横からみたときの真ん中に見える切れ目、ここを手でパカっと上下ふたつに分け、トッピングをのせていただきます。

スコーンの食べ方の「マナー」

ボロボロこぼれないように…

スコーンの生地はパサッとしているため、かぶりついたり小さくちぎったりすると、ボロボロと粉々にこぼれる可能性大。見た目もよくないし、これはマナー違反になります。

とはいえ、パサパサの生地は、どうしても多少はこぼれるかもしれません。

ナフキンを使用すれば、ちょっとくらいこぼれても、マナー良く綺麗に食べられます。

ジャムやクリーム、どうやってつける?

スコーンに欠かせないのが、ジャムやクリームといったトッピングです。

つけ方は、芸術的に!ですって。(笑)

スコーン発祥の地出身のダディがお手本を示しています。

バイリンガル姉妹がとても可愛いです~! (スコーンは4分30秒過ぎからです。)

スコーンは出来立てが一番美味しい!

スコーンはアツアツが一番の食べごろ、出来立てのおいしさは格別です。けれど、毎回焼き立てというわけにもいきませんよね。

冷めてしまったら、温めなおせば焼き立てのような美味しさが復活します。私が活用している温め方をまとめてみました。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 電子レンジで温めてから、トースターでさらに温める
  1. オーブンなら200度に予熱して約3分
  2. 電子レンジだとお皿にのせて一個につき30秒
  3. トースターの場合は焦げないようにアルミホイルを使いスコーン自体をくるむか上からかぶせて5分程度が目安です。
  4. 中はふんわり外はサクッと温めたいなら、電子レンジとトースターの併用がおすすめですよ!

美味しく食べるには、トッピングも欠かせない!

スコーンのトッピングの定番は、ストロベリージャムとクロテッドクリームです。

2種類以上重ねる時は、味を楽しみたい方を上にして、たっぷりのせてくださいね。他にもスコーンによく合う、こんなトッピングもありますよ。

  • メイプルシロップ
  • ホイップクリーム
  • キャラメルソース
  • チョコレートソース
  • ハチミツ

ジャムはストロベリーに限らずとも、マーマレードやリンゴも美味しいです。いろんなフルーツをミックスしたジャムも私のイチオシ!

さて、今日は何をつけようかしら~♪

アフタヌーンティーでスコーンを食べる際のマナー

豪華なホテルで味わう贅沢なひととき、アフタヌーンティーにおいてもスコーンが提供されるのはご存じですか。

お洒落な3段皿のタワーに、デザートやサンドイッチなどの軽食が並ぶとっても優雅なアフタヌーンティー。

ここでのマナーは、食べる順番が大事で、

下の段のお皿から手を付けます。お皿の中の順番は、『色や味が薄い』ものから優先して食べること。

スコーンは、デザートのお皿(上段)の前に食べるのが、ベストなタイミングといわれています。

スコーンについて詳しく知ろう!

スコーンの歴史と由来

スコーンの歴史は、1513年、スコットランドでバノックと呼ばれるお菓子から始まった、と文献に記述されています。

スコットランドに当時あった『スコーン城』が名前の由来です。お城には、『ストーン・オブ・スコーン』と呼ばれる石があり、スコーンの形はこの石が原型なんだとか。

代々の王様が、王冠を引き継ぐときに座る由緒ある石!しかも、この石の歴史をたどってみると、なんと!かつては、ツタンカーメンの王座にあったというから驚きです。

クロテッドクリームとは

クロテッドクリームってどんなもの?

私たちにはあまり聞きなれない名前のクロテッドクリーム。

スコーンの本場イギリスでは、昔ながらの馴染み深いクリームなんです。

脂肪分、硬さはバターと生クリームの中間で、味もバターに比べるとあっさりですが、ホイップクリームよりは濃厚と中間。

残念ながら、お手軽にスーパーなどでは入手しにくく、デパートや通販で販売されています。

作ることもできます!

生クリームを容器に入れ、蓋をして思いっきり振ること5分!…これでお手軽にクロテッドクリーム風のクリームが作れちゃいますよ。

振るだけなんて超簡単!よかったらお試しください。

スコーンを自宅で簡単に作る方法

とっても簡単!スコーンをご家庭で作ってみませんか。

基本の作り方に加えて、おすすめのアレンジスコーンもまとめてご紹介します。

スコーンの作り方

  • 薄力粉…200g
  • 無塩バター…50g
  • 砂糖…50g
  • ベーキングパウダー…小さじ2

をボールにいれてバターが粉々になるようにまぜる

  1. 牛乳…100mlを加え、練らずにひとつにまとめる
  2. 薄力粉を適量敷いたまな板の上に生地をのせて、長方形(厚みは3㎝程度)にする
  3. だいたい均等な大きさの四角になるよう、6等分に切り分ける
  4. それぞれをお好みの形に整えて、オーブンシートの上に並べて
  5. 余熱をしたオーブンで15分焼く(180度~200度)

作り方はとってもシンプル、たったこれだけ!スコーンをサクッと仕上げるポイントは、牛乳を入れたときの混ぜ方、混ぜすぎには要注意ですよ~。

ホットケーキミックスを使えば、もっとお手軽で簡単にスコーンを作ることができます。

  • ホットケーキミックス…1袋(150g)
  • 無塩バター…40g
  • 牛乳…大さじ2

ホットケーキミックスとバターを混ぜてから、牛乳を加えてひとまとめ!あとの手順は先ほどと全く一緒です。柔らかめがお好みの方は、牛乳の量を増やして加減してくださいね。

ヘルシーにふっくら仕上がる裏技として

  • 牛乳のかわりに絹こし豆腐(100g程度)
  • バターの代用にはオリーブオイル(30g)

を混ぜるなんて方法もあります。

スコーンをアレンジしてみよう!

スコーンは、お気に入りの食材を混ぜ込むことで、アレンジ自在!色んな味をお楽しみいただけます。

  • 割った板チョコやチョコチップ
  • ココアや抹茶のパウダー、紅茶葉
  • フルーツやドライフルーツ

他にも、レンジで加熱して潰したカボチャを混ぜたパンプキンスコーンや、バナナを潰してチョコチップと共に混ぜたバナナチョコスコーン!アレンジの幅は広がるばかり。

お好きな材料を混ぜ込んで、あなただけのオリジナルスコーンが作れるかも!!

まとめ

ここまで、マナーやトッピング、由来に作り方、さらにアレンジ法まで、一気にスコーンの魅力をお伝えしました。

いかがでしたか。

贅沢なアフタヌーンティーをご自宅で!あなたの午後のひとときに幸せを運ぶスコーン。

この機会にぜひ味わってみてくださいね!!

今回はややパサパサのスコーンについてお伝えしましたが

柔らかい食パンを焼かずに食べてみませんか?

>>> 食パンを焼かないで美味しく食べる方法!バリエーションがこんなに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする