東京で初めての一人暮らし!女性が住みやすい街ベスト3はこのエリア

Pocket

いよいよ、人生初めての一人暮らし!

これから一人暮らしを始めようとしているあなた!

キラキラした都会での新生活にウキウキがとまりませんよね。でも、生活していく上ではいろんな現実問題があります。

ローラ
女子大生ライターのローラです。

私が、実家から都会に出てきた時、一人暮らしを始めた頃の事を記事にしてみました。

今まで家族に頼っていた生活ともバイバイ!

自分の力で、自由に、夢に向かって楽しい新生活を送るために、住みやすい地域に住んで毎日を楽しみたいですよね。でも、何も知らない街なので、どんな場所に住めば良いのか悩みます。

地域によって家賃はさまざま。自分自身のお財布事情と相談しながら、安心・快適でステキな地域の物件を探すヒントをご紹介します。

初めての一人暮らしを不安に思っているあなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

女性に優しい街ベスト3

一般的に、「家賃は手取りの3割程度が適正」

と言われています。それ以上だと食費や交際費など、他のものを抑えなければなりません。

東京は地方よりも物価が高いので、日用品をはじめ、洋服代などお金はいくらあっても足りない可能性もあります。上を見たらキリのない世界かもしれません。

それでも、できれば家賃は程ほどに抑えて、ファッションやグルメなどにお金を回したいですよね。でも、地方よりも割高の都心では、3割程度の家賃だと交通の便が悪かったり、お風呂やトイレなどの水周り環境で尻込みするようなところがあったりします。

安すぎる物件は、何かと物騒な可能性が高く、危険がいっぱいです。「住めば都」とも言いますが、住むところで心の爽快さは変わってきますので、なるべく避けて頂きたいと思います。

現実的に考えてみますと、

  • 3割程度の家賃で多少交通の便が悪いエリアにするか
  • 手取りの4割程度まで頑張ってエリアを検討

すると良いでしょう。

◎生活に必要なものを揃えるには

>>> 新生活に必要なものをお得に揃えて一人暮らしをエンジョイしましょう!

家賃相場が安くて、治安のよいエリアはどこ?

昼間・夜間人口に対する犯罪件数割合と、地域の家賃相場を比較しました。

◆No.3 練馬区

練馬区は華やかな感じの街ではありませんが、人口に対する犯罪発生率は23区内で19番目(2015年警視庁調べ)と低い上に家賃相場は一人暮らし物件で6万円程度からと、お財布にもやさしい街です。

  • 池袋近辺に通う場合には一番のオススメ
  • 公園が多く、23区内で一番緑が多い
  • 運動好きには最適、!
  • アニメ発祥の地で各種イベントも多い

池袋へは西部池袋線1本で所用時間は10分、アクセスのよさも魅力です。池袋近辺に通う場合には一番のオススメエリアです。

練馬区といえば23区内でいちばん緑が多い区です。光が丘公園や石神井公園など、ゆっくり落ち着ける場所が多くあります。光が丘公園はとても広い公園で、秋の季節だと紅葉がきれいです。

春には桜が咲きますし、ジョギングなどグランドを利用して遊ぶこともできます。休日にはフリーマーケットをやっていて、楽しめるスポットです。

また、練馬は「日本アニメ発祥の地」として街づくりしていることもあり、アニメ関連の銅像があったり、イベントが開催されたりしていますので、歩いていて楽しいですよ。

◆No.2 杉並区

練馬区に次いで犯罪率が低く、家賃も手取りの3割程度でお手ごろなのは杉並区です。

  • 昔から文化人が住んだ歴史ある街
  • 古物店、商店街が多く買い物に便利
  • 各種イベントも多い

有名なところでいうと、高円寺や阿佐ヶ谷があります。昔から文化人が住んでいた歴史がある街なので、古いものや本が好きな方にはうってつけです。特に、高円寺周辺は商店街が多く、食料品や日用品を安く手に入れることができ、一人暮らしにはうってつけです。

私も以前住んでいたことがありますが、古着屋さんや、お惣菜屋さん、スーパーがたくさんあるのでとてもお世話になりました。商店街があると、馴染みのお店もできます。そこからコミュニティーが広がっていくこともあるはずです。

夏には、東京の夏を代表するお祭り「東京高円寺阿波おどり」が開催されますし、それ以外にも週末に様々なイベントを開催して賑わっている街です。

◆No.1 三鷹市

堂々の一位は三鷹市!

23区からは外れてしまいますが、杉並区のお隣なので交通の便は意外と良いのです。

  • 新宿へ15分
  • 犯罪率の低さ東京都内 No.1
  • 都心から離れ静かな街並み
  • 大型スーパーや商業施設があり買い物に便利

中央線1本で新宿へ15分で出ることができます。して、東京都の中で犯罪率の低さがNo.1であることも魅力的です。

知らない街ゆえ、犯罪率の低いエリアに住めば、自分もご家族も安心できます。都心から少し離れているからこそ、穏やかな日常を送るに最適な場所ではないでしょうか。

隣駅は吉祥寺ですので、ちょっとしたお散歩にも適しています。吉祥寺よりも家賃相場は安いので、手取りの3~4割の家賃で良い物件が見つかると思います。

駅前には大型スーパーや商業施設もあるので、買い物にも不便することはありません。

三鷹といえば、ジブリ美術館が有名です。ジブリ好きにはたまらない街ですね。ジブリ美術館以外には、桜の見どころで有名な、井の頭恩賜公園があります。

都会の喧騒から離れたいときに、たくさんの自然に囲まれて癒されてみてはいかがでしょうか。散歩をしたり、ピクニックをしたりと、地元の多くの人などでいつも賑わっていますよ!

井の頭公園の動画がありましたので共有させていただきました。

Youtube 「nokashira park in Kichijoji – 吉祥寺の井の頭公園」

スポンサーリンク

近くで日用品をそろえるなら、ここがオススメ!

日用品の出費は日々かかるもの!なるべくお手ごろ価格なお店で買いたいですよね。

初めての一人暮らしだからこそ、自分の健康には自分自身で気をつけなければなりません。一番大事なのは食事です。近隣スーパーの中で、どこがお買い得なのかチェックしてみましょう。

どの街にも共通して言える、おすすめの購入先をご紹介します。

◆1ドラッグストア

意外にもドラッグストアの生鮮食品が安いことをご存知でしょうか。

スーパーは一定の利益を乗せて生鮮食品を販売しますが、ドラッグストアは利益をあまり乗せない傾向にあります。というのも

ドラッグストアは薬品系に利益を乗せる傾向にあって、生鮮食品は安くしてお客さんを集客しようとしているためです。

そのため、ドラッグストアで生鮮食品を買うことに抵抗があるかもしれませんが、一度覗いてみることをオススメします。ただし、中にはなおざりな扱いをしているお店もあるので、新鮮かどうかの確認は自分できちんと行って下さいね。

◆2惣菜を扱っているスーパーが狙い目

一人暮らしを始めると、「たまにはラクして外食したい」、「お惣菜やお弁当を買って帰りたい」という日が必ず来ます。でも、外食ばかりしていると食費がかかり、ジリ貧になってしまいます。

なので、惣菜を売っているスーパーやお店を見つけておきましょう。いざ、というときに心の頼りになるはずです。

◎食費を安く抑えるためには

>>> ひとり暮らし!料理を安い予算で美味しく作ろう!

まとめ

新生活を送るうえでオススメのエリア、ポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

東京都は日本で一番人口の多い街で、本当にいろんな人がたくさんいます。そんな都心で新生活を送るためには、安心・安全で住みやすい街に住むのが一番です。

自分にとって、住居環境で何を一番重視するかが、エリア選定のポイントになります。

不安なく快適に住める街を選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする